全日制高校だけが学ぶ場所ではない!通信制高校という選択もあるよ!

通信制高校ってなに?

通信制高校とは、全日制や定時制の高校のように毎日通う必要がなく、年齢や在学の上限がない高校のことです。10代や20代の方だけではなく、50代や60代の方も在学している高校もあります。また、3年で卒業する必要もないのが特徴です。卒業に必要な単位を取得していれば、4年以上かけて卒業することも可能なのです。

学習方法は、レポートの提出が基本

通信制高校は、学校に通う必要がありません。そのため、自宅学習が基本となります。教科書を読みながらレポートに記入をして、学校に提出します。提出期限内にレポートを出すことで、単位取得のためのテストを受けることが出来ます。テストに合格しないと単位を取得することは出来ないため、自分でしっかりと計画を立てて学習をしていくことが大切です。もし学習を進めていくうえで分からない点があったときは、スクーリングのときに先生に教えてもらいましょう。

スクーリングや特別活動がある

通信制高校は、基本的に学校に通う必要はありませんが、週に1~2日程度学校に行って学習をする必要があります。これを、通信制高校ではスクーリングと呼んでいます。スクーリングは、学校の方針によって登校日数や曜日などに違いがあります。卒業するまでに必要なスクーリングの日数が決まっていて、日数が足りていないと卒業が出来ません。通信制高校にはスクーリングのほかに、特別活動もあります。特別活動の内容は学校によって異なりますが、社会科見学や体育祭などのイベントが特別活動に含まれます。特別活動も卒業単位に含まれているため、スクーリング同様計画的に出席する必要があります。

通信制高校を埼玉で決める時には自分に合った校風の学校を探す必要があります。埼玉では複数の通信制高校があります。