法改正に対応した就業規則を作ってもらおう!!離職率低下も可能かも!!

法律に合った就業規則の提案

一定の規模の会社では就業規則を定める必要があります。就業規則には労働時間に関する内容であったり賃金に関する内容など様々な内容を設定しなければいけません。内容はそれぞれの会社ごとで作れますが、すべて自由に作ればいいわけではありません。労働組合があるところなら労働協約に定められている内容を下回ってはならず、労働組合がないところだと労働基準法に定められている内容を下回ってはいけない決まりがあります。法改正があるとそのたびに見直す必要が出てきますが、社会保険労務士に依頼をすると法律に合った就業規則の提案をしてもらえます。細かい改正などがあると法律に詳しくないと対応が難しいですが、労働関係の専門家の社会保険労務士ならきちんと対応してくれるでしょう。

離職率を下げるための就業規則

人が足りなければ採用をしますが、働きにくい職場環境だとなかなか社員が定着してくれません。職場環境の良くない会社は離職率が高くなり、採用コストであったり教育コスト等の人件費が高くなるときがあります。営業担当者などの入れ替わりが激しければ取引先からの信用も失いかねないので、離職率が高いのであれば何か対策をする必要があるでしょう。そこで依頼すると良いのが社会保険労務士です。労務関係のスペシャリストなので、希望に合った就業規則を作成してくれます。離職率を下げるには労働時間や休日の見直しをしたり、給料や福利厚生を見直すのが良い時があります。人件費を上げずに離職率を下げられる就業規則を作ってもらうなども可能でしょう。

社会保険労務士の就業規則とは、専門家が決めた就業規則となりますので法律に違反しない正確な規則に出来ます。