資金繰りに困ったときに!ファクタリングのメリットとデメリット

売掛金をすばやく現金化できる

会社設立時はもちろん、経営途中にも資金を調達しなければいけない場面が何度か出てくるものです。資金調達の方法は銀行融資が一般的ですが、近年は起業や経営をサポートする新しいサービスが増えています。

ファクタリングもその一つで、サービス内容は未回収の売掛金を買い取るというものです。売掛金と売買金額、売買代金の支払日を決めての売掛金の譲渡という売買契約となります。なお、売掛金は商品やサービスの提供と請求書の提出が終了しているが、支払期日前で入金が済んでいないお金を指します。

ファクタリングサービスを利用するメリットは、早く現金化できるということです。銀行の融資を受けるときのように経営状態に左右されるわけではないため担保が不要ですし、審査に落ちることは多くありません。また、ファクタリングサービスと似たものに売掛金担保融資がありますが、こちらは貸付契約となり別物です。

便利なだけに手数料は高め

ファクタリングサービスは当然ながら手数料が発生します。この手数料が高いという点がデメリットに挙げられます。

売り掛け先に通知しなくても良い2社間ファクタリング契約の場合は特に手数料が高くなるので、注意が必要です。手数料の相場は売掛債権額の10~30%、通知の必要がある3社間ファクタリング契約の場合は、1~5%が相場です。契約内容によって大きく手数料の額が変わります。

ただし、通知するということは資金繰りに困っていることを通知するようなものです。そのため、2社間ファクタリング契約を結ぶ経営者が多いと言われています。

3社間ファクタリングは、サービス提供者が売掛金の回収を行いやすいので、サービス利用時の手数料が安くなる傾向があるのが魅力です。