従来の決済代行手段とQRコード決済の違いとは?

クレジットカードと違って誰でも利用できる

決済代行手段といえば、クレジットカード、銀行振り込み、振り込み通知書を使ったコンビニ払いというのが一般的でしたが、近年、QRコード決済が一気に存在感を増しています。では、QRコード決済は従来の決済方法と比べ、どのような点が異なるのでしょうか。

まずクレジットカードと比べると、利用に際してのハードルが低いということが挙げられます。クレジットカードは誰でも持てるというわけではありませんが、QRコード決済であればスマホさえ所有できれば使えるからです。スマホ自体はネットオークションやフリマを使えば5000円程度で購入が可能ですし、回線はMVNOを利用すれば月500円程度で維持が可能です。もちろん、過去に債務整理などの金融事故を起こしていたとしてもスマホを買ったり、回線契約することに制限を加えられることはありません。

利用者が手数料の負担を求められることがない

銀行振り込みと比較した場合、利用者が手数料を負担する必要がないという点が大きな違いといえるでしょう。銀行振り込みだと一回数百円の振込手数料が発生してしまいますが、QRコード決済にはそういった負担はありません。銀行口座にある預金をチャージする場合も、基本的には無料です。

振り込み通知書を使ったコンビニ払いとの違いは、企業の負担が少ないという点でしょう。というのは、振り込み通知書をわざわざ郵送する必要がないからです。また、郵送費の負担を利用者に求める企業も少なくなく、その場合、利用者は実際の購入代金やサービス利用費にプラスして数百円の手数料を上乗せして払わなければなりません。しかし、QRコード決済なら支払いが遅れたことによる遅延損害金を求められる可能性はありますが、基本的に請求金額が変わることはありません。

決済代行サービスを導入することで、各カード会社との複雑な手続きなど時間のかかる事務処理の負担を減らすことが可能になります。